韓国俳優プロフィール情報3のTOPに戻る
「韓国俳優プロフィール情報3」トップ >  イ・グァンフン > 韓国俳優イ・グァンフン(イ・グァヌン) プロフィール


韓国俳優イ・グァンフン(イ・グァヌン) プロフィール

韓国俳優イ・グァンフン(イ・グァヌン)のプロフィールです。



ハングル 이관훈
お誕生日 1980/10/20
身長 185cm
体重 72kg

キャリア 2012/10 ソン・ソングン ファッションショーモデル
☆特戦司令部出身で 5年間職業軍人に服務してから,2004年中佐で転役した
☆デビュー当時は 도시강 ト・シガンの芸名で活動

出演作品

2006 KBS1ドラマ「大祚榮」
2007 映画「Temptation Of Eve: Angel」

2010 MBCドラマ「ロードナンバーワン」クォン・ジンチル役

2011 映画「The Kick」
2011 tvNドラマ「ロマンスが必要」ソ・ジュニ役

2012 tvNドラマ「イニョン王妃の男」チャス役
2012 MBCドラマ「馬医」マドフム役

2015 KBS1ドラマ「懲斛拭.船鵐團蹈」シン・ミョンチョル役



☆2011/11/10
‘オンバク’のプラチャ・ピンカエプ監督が演出したテコンドー映画 ‘ザ・キック’で断然人目を引く俳優がいる.

タイの宝物を盗むために現地まで渡って来て主人公であるテコンドーが上手なムン・サボム(チョ・ジェヒョン) 一家を苦しめる悪党大将ソクドゥ役を引き受けたイ・グァンフン(32)がその主人公だ.

インタビューで会ったイ・グァンフンは映画の中の冷たいイメージとは違い寛容でこだわらない笑いが魅力的だ.いきなり彼に一体何をした人なのか?問ったら初節にその知りたい事は解決された.

“私は特戦司令部(特殊戦司令部) 副士官で 1999年から服務しました.2004年中佐になり,爆破兵科で服務後、退役.スイミング講師をしている途中モデル仕事をしながらドラ マ ‘ロードナンバーワン’ などに出演をしながらこの事をするようになったんです.”

特戦司令部出身ならエリート軍人中のエリートだ.それも職業軍人である彼とは似合わない組み合せだ.

“中,高校時代から周辺人々が私をたくさん眺めたりしました.‘混血なのか?’と言う質問もたくさん受けたんです. 芸能人に対する夢もあったが,家事情が貧しくて職業軍人の道を歩くようになりました.しかし余分の服務を終えて轉役し、故郷釜山に行かないでソウル江南鴨鴎亭でデーターを持って門を叩いたんです.”

イ・グァンフンは軍の時代主特技である爆破は勿論,高空浸透と特攻武術などを研いたと言う.テコンドーだけでも 3段まで保有している.そんな彼に ‘ザ・キック’の製作消息が聞こえたし,主人公テヤン役目に挑戦したが,強靭なイメージによってオーディションに落ちてしまっ た.

“去る 2009年度に私がテズの役目でオーディションを見ました.しかし落ちたんです.アクロバティックが派手な俳優がほしかったが,私は直線的な実戦武術だったんですよ.そのように心を折ってドラマ ‘ロードナンバーワン’ 撮影が終わって偶然に製作者の方に会いました.悪役席が空いていると言うんですよ.結局タイにすぐ飛んでプラチャ・ピンカエプ監督様にお会いしてオーディションに付いたんです.光栄でした.”

特戦司令部出身である彼に “アクション俳優に大成するようだ”と言う考えを伝えた.しかしイ・グァンフンの返事は案外だった.

“私はアクション俳優よりはメロ俳優をしたいです.まだ新人である立場だからいろいろと選り分けたくないが私の印象のためずっと強い役目だけ入って来るようです.それでもうちょっと他の姿を見せたくて,一応メロをたくさんやって見たいです.”(笑 い)

ややもすると鋭くて冷たく見えられる ‘都市男’ イメージであるイ・グァンフンは意外にトッベギみたいな男だった.彼はインタビュー末尾で独特の今後の目標を言った.

“俳優になる心を食べて上京してチンチルバン 2ヶ月,考試院 10ヶ月,屋上部屋に住んで行って最近半地下の家に引越ししました.このように私の俳優人生もきちんきちんと上がればと思います.私は誰にも正直で義理ある 人になりたいです.俳優でもそんな評価を受けたくて.10年〜20年が経っても ‘信じることができる人だ’ 評価を受けるそんなイ・グァンフンになります.”